各写真をクリックすると拡大します。

1

 

関東地方の梅雨明けは6月末だった。これは観測史上初の早さらしい。ところがその後は雨が降り続き、また月齢や月の出/入りの時刻も良くないので、天の川撮影はしばらくおあずけ。条件が整い始める7月7日(土)には、「七夕の天の川撮影」を楽しみにしていたが、やはり天気には恵まれなかった。

翌日(日曜日)の朝も曇り空。でもせっかくの休日だし、ロケハンがてら、房総半島南部の「天の川撮影候補地」へ行くことにした。

予報に反し、午後からは晴れ間がのぞく。夏の陽射しを受けて草木の緑がまぶしい。

2

 

まずは先月訪れた「漁師小屋」の近くにある場所をリサーチ。ここはネットでもほとんど取り上げられておらず、それならと実際に行ってみた。なるほど撮影環境としてはよさそう。しかし夜は、ここに入る道に鎖がかけられ、立ち入り禁止になってしまうとわかった。これにはガッカリ。

3

 

4

 

5

 

もう一箇所、「鯛の浦」をリサーチした。 

6

 

実はこのスポットには大いに期待していた。海沿いの遊歩道の終点から拝める小弁天島・大弁天島と鳥居。それらと天の川とのコラボを撮影したかった。ところがその遊歩道は工事中で、なんと立ち入り禁止。。う~む、残念すぎるぞ。いつ工事が終わるのか不明だが、必ずまた来たい。 

7


↑左側の山に沿って遊歩道がある。現在その入り口が工事中で立ち入り禁止。


仕方が無いので「鯛の浦」をブラブラ。なんだかマッタリした良い場所だ。ビールを飲みたいけど、この後も車の運転をしなくちゃならないし。ノンアルコールビールでも持ってくればよかったかな。
 
帰り道、家の近くでコンビニに寄った。ビールを一缶買うつもりだったが、レジで「購入額700円毎」くじを引いたら当たり!もう一缶ゲット(笑)。ここは隣のラーメン屋と敷地を分け合う店舗。駐車場から夕方の空を見上げると、空気がとても澄んでいる。何の変哲も無い景色も、この光の下では輝いているように見えた。まさしくマジックアワー。 

8

 

9

 

10

 

11

 






ランキングに参加しています。一日一回応援をお願いします。