各写真をクリックすると拡大します。

1
(25mm F8 1/160秒 ソフトでHDR風に加工)

今年は「スキあらば天の川を撮影しよう」と思っている。しかし、行き当たりばったりで撮影することは避けるべき。天の川撮影において気象条件が最も大事なのは言うまでもないが、更に重要なのはカメラを構える場所ではないだろうか。真っ暗闇の中、当てずっぽうで三脚を立てても天の川をキャッチできない。いや、そもそもその撮影ポイントまでたどり着けないかもしれないし、もちろん足元の様子や、様々な撮影の条件に関してもまったくわからない。(過去の天の川関連記事

この日は、明るいうちに千葉房総の太東あたりをロケハンした。今日は月明かりの影響や雲も多いのでロケハンだけ。本番撮影は気象条件が整った日に決行しようかと。

それにしてもこんなところがあるとはビックリ。夏の強い日差しがカーと照り付け、キラキラした海&まぶしい緑、まさに夏の景色が広がる。
2
3
4
そしてこのトンネルを抜け、目指す天の川ポイントに到着した。
5
6
(トンネル撮影時にISO800にしたまま↑のカットを撮影してしまった(^^;)

帰り道、街道沿いに車を止め、徒歩で周辺を散策した。
7
8
穏やかな光景。日本の原風景を前に心が洗われる。
9
10
11
奥に見える電線はJR外房線の線路の架線。

一枚イメージカットを撮影したく、モノクロ&開放(F2.0)でパシャリ。
12
う~ん、この辺りは本当にいいところだ。近々天の川を撮るぞ!


ランキングに参加しています。一日一回応援をお願いします。