各写真をクリックすると拡大します。

昨年秋にメインカメラとしてα7R IIを導入し、レンズ(ソニーEマウント)も数本入手した。しかし、日常のスナップ撮影に必要な標準ズームレンズが、現在のmyレンズラインアップからすっぽりと抜け落ちているのだ。ソニーやシグマから「焦点域24-105mmF4のソニーEマウントズームレンズが発売されるのでは?」と待っているものの、現時点では具体的な情報がない。

うーん、標準ズームレンズがすぐに欲しいぞ。それなら選択肢は2つ。いわゆる大三元ズームレンズ「EF24-70mm F2.8 GM」と「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4」である。

「F2.8とF4」の違いは気にならない。そもそもボケで勝負したい写真にはF2.8でも物足りない。また、前者は「最新GMレンズ」だし描写がいいのはわかっている。でもなにしろ重い(886g)&値段が高すぎ!
後者は重量(ボディーとあわせても約1kg)等、スペック的にはバッチリだ。でもいかんせん写りに関する評判がイマイチ。「ツァイスにしては貧弱な・・」とか、もうボロクソ。。(笑)

さまざまな評価をよく読むと「FE 24-70mm F4」の弱点が具体的にわかってきた。画面中心部の解像は良いが周辺はイマイチであること。テレ端(70mm)での描写やパンフォーカスでの風景写真は得意ではないこと等々。。でも作例として素晴らしい写真を多く目にするのも事実。逆に辛らつなレビュー記事の作例にはそもそも写真として?というものもある。

過日、評判を確かめるべくソニープラザで実際に試し撮りした。うーん、指摘された欠点はよくわからなかったというのが正直なところ。そして当然写りは気にしていたけど、実はこの「FE 24-70mm F4」に最も魅力を感じている点は426gという重量だ。「フルサイズなのにボディーとあわせて約1kg!」この軽さ、これこそがα7R IIでシステムを組む最大の理由でもある。よし、迷ったら「back to basics」なのだ!とポチッ(キャッシュバックキャンペーン中だし(笑))

注文した「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4」がやってきた。そこでさっそく試し撮りを。(^^)
3
被写体に選んだのは大井町駅周辺。なかでも「東小路飲食店街」という昭和の面影を感じる飲み屋街を中心にぶらスナップしてみた。JR京浜東北線、東急大井町線が乗り入れるここ大井町駅周辺には猥雑で、都心ターミナル駅とは一味違う街並みが広がり、どこか温かみを感じさせてくれる。
1
2
「東小路飲食店街」は戦後のどさくさに紛れて建てられた飲み屋街らしい。そこにはメチャクチャ美味そうな店が軒を連ねていた。(センベロでも有名)今日は初めての訪問、そして飲まずに帰らなくてはならないのが残念。次は夜に来て一杯やりたい。
4
5
6
7
8
9

外は時おり小雨がパラつくどんよりとした空模様。
10
11
桜はまだ2~5分咲きといったところか。次の週末には満開の桜が見られるかな。
12
13
14
で、「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4」の評価は?

手持ちのツァイスレンズやソニーGレンズと比べると確かにカリカリではないけれど、それでも結構解像しているように思う。周辺の描写も悪評ほどではないかと。(その他チマチマしたことはよくわからない(笑))確かに画面の隅々までシャープさが要求される風景写真には厳しいのかもしれないが、スナップレンズとしての写りは堂々の合格だ。そしてなんといっても「軽いこと」による機動力に魅力を感じたし、スナップ&お散歩レンズとしては最適だと思う




ランキングに参加しています。一日一回応援をお願いします。