各写真をクリックすると拡大します。

CP+2017のメイン会場(パシフィコ横浜)を後に、シャトルバスを使って第二会場(Bank ART Studio NYK)へ移動した。

ここでは写真展が開催されている。でも、そもそもBank ART Studio NYKって何?気になって事前に調べてみた。それは倉庫を改造した建物で、普段は絵画や写真の展覧会が開催されているらしい。館内にはちょっとした飲食スペースもあるとのこと。その場所は「馬車道駅」や「伊勢佐木長者町駅」の近くで、運河に面している。(NYKは日本郵船海岸通倉庫の略だと知った。てっきりニューヨークかと思った~(笑))
1
写真展を観る予定はないが、このあたりを撮影するのは良さそう。せっかくの横浜なので、CP+と同時に「らしい」被写体を撮影したかったのだ。何度か横浜の有名撮影スポットで写真を撮ったことはあるけれど、ここでは新たな被写体に遭遇できるかもしれない。

Bank ART Studio NYKの敷地内にある屋外のオープンスペースに出てみた。おー、いい眺め。目の前には運河が広がり、小型の船が係留されている。う~む、横浜らしいぞ。
2
古びたバスが一台置かれている。これもアートとして展示されているのかな?
3
ここで何枚かシャッターを。
4
5
次に、Bank ART Studio NYKの敷地を出て、「らしい」建造物やモノを探しつつ付近をブラブラ。

この時間は雲が多く、しかも夕方ということもあり、あたりは暗くなってきた。時折、「暗い曇り空の下、部分的に陽が射している」風景に出会った。それは珍しくもあり、ちょっと幻想的だった。
6
7
横浜には港ならではの歴史を感じさせるモノや建造物が多い。
11
8
9
10
横浜市開港記念館の建物内でパシャり。
12

P.S. う~む、望遠レンズだけでスナップ撮影することが最近増えているな。(笑)


ランキングに参加しています。一日一回応援をお願いします。