各写真をクリックすると拡大します。

3
仕事が休みのこの日、突然晴れたので近所にある「東高根森林公園」というところに行ってきた。新しい機材を導入した際にはここで必ず試している。

広大な敷地にはその名の通りたくさんの樹木が生い茂り、晴れた日に訪れるとメチャクチャ気持ちがいい。でも残念ながら「花」はほとんどなく、入り口のそばに少しあるだけ。
1
その入り口付近でコスモスの花を写していたら(テレ端35mm)、突然きれいなアゲハ蝶がヒラヒラ~と。
2
「げっ!広角レンズだけしか用意してないぞ」と思ったが、 (当然そんなことお構いなしに)アゲハ蝶は一輪の花に舞い降りたのであった。あわてて連写したうちの一枚が一番上の写真。

ここまでは露出補正をプラス1にしていたが、このあとはマイナス1前後に。
4
毎度おなじみカルガモくん。
5
敷地を登っていく。
6
7
坂を上りきると、突然広大な広場にでる。そこに特別なものは何もなく、スコ~ンとした解放感が味わえる空間だ。この日も人々が笑顔で思い思いに過ごしている。いいな~、そしてこういう光景。まさに16mmにもうってつけだ。
8
9
この~木 なんの木 気になる木~♪ この木を見るたびこの歌を思い出す。(笑)

その広場を降りていくとまた森林地帯に突入。マイナスイオンのシャワーをたっぷり浴びながら(そのはず(笑))階段を降りたのだった。
10

P.S.このレンズの描写は本当にシャープだ。(開放F値は使っていないが)葉っぱや芝生の再現性には驚くけれど、設定をうまくやらないと、少し目がチカチカするかも (笑)
 

ランキングに参加しています。一日一回応援をお願いします。