各写真をクリックすると拡大します。

今年は空梅雨気味らしい。なるほど激しい雨は降らないけれど、それでもどんよりとした梅雨らしい空模様が続いている。外出がおっくうになるこの季節、皆さんは何を撮っていますか?

一度やりたいことがあった。「ピクチャーコントロール」を再度確認したかったのだ。(カメラメーカーごとに呼び名が違いますね、ピクチャースタイルとか)そのチョイスや詳細設定に正解はないし、それは好みの問題でもある。最近、何度か「どうもしっくりしていない」と感じる事があり、これを機会にもう一度試してみようと。

同じ被写体を、同じF値・シャッタースピード・WB・露出補正で、ピクチャーコントロールだけ変えて撮り比べてみた。特に「風景」と「スタンダード」の差が気になっていたのだ。RAWファイルを使ってPC上でも(純正ソフトCapture NX-D使用)同様のテストはできるが、イマイチ再現性に疑問があるので、実際に撮影してみた。(三脚を使わなかったのでビミョーに構図が異なっている)

全部で7種類用意されているピクチャーコントロールではあるが、普段使っているのはこの5種類。「コントラスト・明瞭度・彩度などの高い順」に上から並べた。
ビビッド
風景
スタンダード
ポートレート
モノクローム
※すべての写真は、焦点距離35mm SS1/60秒   F7.1   露出補正-0.7EV ISO320

小さい画像であまり差を感じないかもしれないが、大画像ではそれぞれの重厚感やコッテリ感、明るさに違いを感じる。再確認の結果、今まで汎用性のあるピクチャーコントロールとして使っていた「風景」を、少し前に「スタンダード」にきりかえたのは正解だと思った。夜景に関しては従来どおり「風景」を使うつもり。(モノクロームに関しては、デフォルトが少しやわらかい印象なので、すでにコントラスト等の詳細設定パラメーターをいじっている。)

D750を一年間使ってみて感じたのは、それまで使っていたオリンパス機よりも、コントラストや彩度や明瞭度の高い写真をはきだすということ。「風景」を使った日中の写真では、特に強くそのことを感じた。というわけで、今まで使っていた「風景」ではなく「スタンダード」をベースにし、その後に詳細パラメーターを設定したほうがいいと判断した。

ピクチャーコントロールに関しては、あらかじめ「重厚系」と「ユルフワ系」の2種類を用意しておくべき、としばしば言われるが、自分の場合は「夜景」や、被写体が人工物/自然、ウケネライ(笑)用の設定もあらかじめ用意しておいたほうがよさそうだ。

。。幸い前夜に降った雨も上がり、薄曇の空に時折太陽が顔を出している。さっそくピクチャーコントロールを、「スタンダード」にして詳細を設定し、何枚か撮影した。(とりあえずデフォルトの設定から、コントラスト+0.25、明瞭度+0.5、輪郭強調-0.5、を加減した)
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

P.S. しかしNikonのピクチャーコントロールの「スタンダード」、「ニュートラル」、「フラット」を初めて聞いて、その違いを想像できる人はいるのだろうか?もっと特徴がわかりやすいネーミングがいい。

 
ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。