各写真をクリックすると拡大します。

もうすぐ梅雨入り。外出が億劫になる季節の前に、太陽光のもとで景色を撮っておきたいぞ!というわけで、自宅から気軽に行くことのできる「海ほたる」(東京湾アクアライン)へ出かけてみた。

車で一時間半、午後5時過ぎに海ほたるへ到着。この日はここから千葉県方面には行かず、Uターンして帰路につく予定。そういえば、後日気になって調べたところ、海に浮かんだこの「海ほたる」の住所は「千葉県」とのこと。

海ほたるへ到着した時には、空がぶ厚い雲に覆われ、あたりは見渡す限りどよ~んとしていた。被写体は色を失い、シャッターを押す気にならない。しかし「時間の経過とともに晴れてくる」という天気予報を信じて、被写体を探しつつしばらく待機していた。すると日没近くに、みるみる日が射してきた。

あわてて撮影開始!まずは敷地内にある巨大なオブジェ。
クリックで拡大
海に浮かぶプレジャーボート。何が釣れるのだろう?
クリックで拡大
この日は、いつもの標準ズームレンズ「シグマ 24-105mm F4」に加え、これまであまりで出番のなかった「ニコン18-35mm f/3.5-4.5」(超軽量!385g)を積極的に使おうと決めていた。(といっても結果的に記事としては一番上のオブジェの写真だけだったが) また、「海ほたる」は定番撮影スポットなので、多くの人が撮った写真をすでに目にしているし、できればそれ以外の写真を撮りたいぞ。(去年海ほたるを撮影した記事

だんだんと空が晴れ見事な夕焼けが広がると、施設のテラスにはカメラやスマホを手にした大勢の人が集まってきた。
クリックで拡大
夕陽に染まる東京湾。飛行機は羽田空港から飛び立ったもの。海に突き出た建物が見えるが、これはアクアライン海底トンネルの東京側入り口。
クリックで拡大
クリックで拡大
さらに日が沈み、あたりは真っ赤に。雲も赤く染まってメチャクチャきれいだった~
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大


ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。