各写真をクリックすると拡大します。
クリックで拡大
35mm F/1.4

ピント調節のためシグマへ持ち込んだ35mmF1.4 art &ニコンD750が帰ってきた。郵送ではなく本社(川崎市麻生区)の窓口に直接赴いたこともあってか、それから実質4日後に調整されたレンズとボディーが(福島工場より郵送にて)返送された。これは素早い!また、サポート担当の方の対応が非常に丁寧で、こちらの質問にも的確に答えてくださり大満足。自分の中でシグマの好感度はめちゃくちゃあがったのである。(某T社の対応がひどかっただけに余計) 

サードパーティー製のレンズは、純正のそれと比べると(ボディー機種との相性面で)当然ながら開発ハンデがある。しかしユーザーとしてはサポートさえしっかりしていれば何の不安もない。

とはいっても肝心のピントがどうなったのか?これが一番の問題。シグマによれば「前ピンだったので調節しました」とのことだった。

これは「はやく試してみたいぞ!」と急遽自宅周辺で試し撮りすることにした。そしてどうせなら「いつもの所以外でどこかいいところはないかな?」とネットで情報を集めたところ、今までまったく知らなかったシャレた場所が隣駅周辺にあることがわかった。レストラン、バー、公園、住居、などが集まった(といってもこじんまりしている)エリアらしい。いまいちイメージがわかないけれど、とにかく行ってみることにした。そもそも流行とかオシャレな街並みとかと無縁なのが隣駅周辺であり、(実はそこがいい)そんなオシャレスポットなんてあるのか?と半信半疑のまま行ってみた。エリア内には一本の細い坂道があり、左右にかっこいい店舗などが点在していた。へ~こんな所があるとは。

ともあれ、このエリアや自宅周辺で目にした被写体を、主にF1.4の開放絞りを中心に試した。
クリックで拡大
35mm F/1.4
クリックで拡大
35mm F/1.4
クリックで拡大
35mm F/1.4
クリックで拡大
35mm F/1.6
クリックで拡大
35mm F/1.4
クリックで拡大
35mm F/3.2
クリックで拡大
35mm F/1.4
クリックで拡大
35mm F/1.4
クリックで拡大
35mm F/1.4
クリックで拡大
35mm F/1.4

ピントは合っているみたいだ。それまでと比べて劇的な変化を感じるほどではないが、狙ったところに焦点がきて、そこがきちんと解像している。また当然ながらF/1.4のボケは健在で、遠景でも被写体が浮き上がる描写がうれしい。

しかしあらためて35mmという画角は難しい。余分なものが写ってしまったり、逆にもう少し広角のほうが良いときもあったりして、構図を決めるのに苦労する。その意味ではズームレンズのほうが楽だけど、大口径F1.4はやはり魅力的だし、修行ですね!

 
ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。