各写真をクリックすると拡大します。

先週の土曜日、小雨交じりのどんよりとした空模様のせいもあって、外出するのがおっくうになった。こんな日は「晴耕雨読」ではないけれど、部屋の中で何かを撮影するのがいいかも。

というわけで早速被写体になりそうなものをあれこれ探した。しかし適当なものがなかなか見つからない。そのうち、昔海外旅行に行った際に余って持ち帰った「ドル紙幣」を発見。マクロレンズもあることだし、今日はこれを撮影してみよう。
1
あらためて1ドル札をじっと眺めると、ピラミッドのてっぺんに描かれた不気味な「目玉」がどうしても気になる。これって本当のところどういう意味なんだろう?オカルト的な陰謀説や様々な都市伝説があるようだけど。(フリーメイソンの世界征服説とか)
クリックで拡大
この写真はもともと横構図だけど、「目」のあたりだけが強調され面白そうだったので、撮影後に縦方向へ回転したもの。これをみると1:1撮影時のマクロレンズの被写界深度の薄さに驚く。 F2.8(実効F値5.6)
※ 実行F値の解説はここがわかりやすかった。
クリックで拡大
紙幣だけでは寂しいので100均で買った千代紙を接写。こんなになっているんだな~。
クリックで拡大
実はその100均へもカメラを持って行ったのであった。(笑)そこの駐車場でも一枚。
クリックで拡大
P.Sマクロ撮影でのピント合わせの難しさをあらためて痛感。そこでLV用の拡大ルーペを先ほどポチってしまいました。

ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。