各写真をクリックすると拡大します。

友人のサーフィンを撮影しようと千葉 南房総の千倉海岸へ行った。

この日は台風からのうねりがまだ少し残っており波のサイズは期待できそう。また、「時折南西の風が強くふく」との予報から察すると、湘南方面が全滅かと思われ、「南西の風」がオフショアになる(陸から海に向かってふく風。うねりがスジになって岸に押し寄せ、波の面が整いサーフィンには最適。ちなみに湘南は北風がオフショア)南房総千倉あたりに狙いを定める。東京湾アクアラインのおかげで川崎の自宅から2時間半あまりで到着した。
クリックで拡大
※以下のサーフィン写真は全てトリミングして拡大

お~、時おり肩~頭サイズの波がきれいにブレイクしている海はさほど混雑していない。撮影時にターゲットとなる被写体までの距離は、カメラ位置から30m~50mくらいだと思われる。よし、これはサーフィン撮影にうってつけのコンディションだ。あとは彼のライディングにかかっている。

その彼は、かつて自分と一緒にサーフィンをしていた学生時代からの友人。この歳になっても、週末になるとロングボードを持って毎週のように湘南や千葉に一人で出かけていくらしい。(真冬はさすがに厳しくてもうやらないらしいが) なんでもなんと65歳までは続けたいとのこと。う~むエライ、これは応援したい。

現在自分はサーフィンをやっていないけれど、数年前に写真を始めたので「じゃあ、いちどサーフィンフォトを撮ろう」ということになった。ちょうど「70-200mm」望遠レンズを入手したばかりだしジャストタイミング、これは楽しみ。
クリックで拡大
久々に目にした彼のライディングは、「トシだしもうだめかも」と思っていたがなかなかどうして。波の奪い合いなども、若いニーチャンに負けず健闘しておりびっくり。というか争うことなくいつのまにか勝っているという感じ(笑)これはやっぱり「年の功」によるものなのか^^; ロングボードということもあり「とんだりはねたり」のハデさはないもののスムーズなライディング。
クリックで拡大
クリックで拡大
望遠レンズを装着し岸からファインダー越しに海を眺めていると、あたかも自分が海にいるような気になる。「いい波が来たぞ、これはいくしかないでしょ~~」とか、「そこでカットバックだぁ」とか「あちゃ~~ふがいないぞ」とか。(笑)
クリックで拡大
なにはともあれやっぱり海はいい
クリックで拡大
ブギボのオネーサン
クリックで拡大
クリックで拡大
帰路回転すし屋に寄った。ここは漁港の近くだからかネタがうまかった。
クリックで拡大
「海ほたる」で休憩。対岸には木更津の町がひろがっている。このカットはシャッタースピード1/10秒。手持ちで何とかいけた。
クリックで拡大
車中から沈む夕陽をバシャッと。
クリックで拡大
来年もう一度撮影しようということになった。被写体が「動体」なので、S-AFではピントが外れることもあった。次回はC-AF (コンティニュアスAF) グループエリアAF を使いたい。

P.S. ライディング写真は顔が出るし「ブログにアップしてもいいか」と彼にたずねたところ、何も考えていないのか「そんなの別にOKだし」との返事。それどころか、今日はブログ公開はいつかとせかせてきた(笑)

ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。