先週木曜日のテレビで「7月に入り東京の日照時間が4時間だった」と言っていた。そういえば最近どよーんとした梅雨空が続き太陽を拝んでいない。幸い週末はひさびさに晴れるとのこと。

天候のせいもありしばらく星空を撮影しておらず、特にD750では一度もない。梅雨が明けた夏~秋には八ヶ岳周辺で天の川や星景を撮影するという野望がある。そのために、ぶっつけ本番ではなく、D750で一度練習しておきたいと思っていた。よし、この晴れ間を利用するのだ!

さっそく自宅から車で30分程の「星空撮影道場」に向かった。ここは横浜市北部に位置するが、山に囲まれた、横浜とは思えないのどかな場所。
クリックで拡大
クリックで拡大
街灯もなく、山が周囲の光を遮り夜は真っ暗で、星撮影の練習には最適なポイント。既に「星空撮影道場」として何度か訪れたことがある。また、蛍を見ることができる場所としても知られており、チャンスがあれば撮影したい。そのため「ライブコンポジット」を使おうとE-M10も持参。

既にE-M10で「星空撮影に向けて冬の特訓」(笑)を経験しているので、暗闇の中、D750でのカメラ操作も思ったよりテキパキと進む。(いいよいいよ~)露出やシャッタースピードの設定、マニュアルでのピント合わせ、必要なグッズの取り扱い(LEDライトや三脚など)もスチャッと軽やかに。(笑)

でも肝心の空が今ひとつ。晴れてはいるが空全体を薄い雲のベールが覆っている。なので分厚い雲の切れ間でも肉眼で星を2~3個確認できる程度。「まーいいか、練習だしね」と自分を納得させる。とりあえず2時間ほど待機、あ、そういえばシャッターチャンスを待っている間に蛍を一匹もみかけないな~。。

雲の切れ間に北の空に向けてシャッターを押したのが下の写真。(LR5.7にてRAW現像)
クリックで拡大
あれ、2~3個の星しかないと思っていたのに結構写っているぞ。左に見えるのは北斗七星?!

さすがはデジカメ。肉眼ではとらえることのできなかった光をここまで取り込んでくれるとはビックリ。「星景写真撮影大作戦」本番が楽しみだ

ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。
         ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村