クリックで拡大
GW前半に東京タワーへ行った。その最大の目的は「夜景」を撮影することだったが、結果は。。。う~む、このまま連休を終わらせたくない。一枚でいいからきれいな夜景写真をものにしたいぞ。でもどこで撮る?いまさら遠くに行く気力もないし。。

自分が住んでいる街は、しばしば「何にもない街」と揶揄される。(笑) コンビニと美容院だけがやたらと目立ち、定食屋どころか「すき家」や「ホカホカ弁当」の類すらもなく、確かに生活するには少々不便な街なのだ。

しかし、GW初日に同じマンションに住むカメラマニアのK氏と、「被写体として地元も捨てたもんじゃないな~」と盛り上がったのを思い出した。その時K氏と一緒に被写体めぐりのつもりで「コジマ」に行った際、電車の線路と東京のビルが一望できるポイントを屋内駐車場の端の方に発見。以来、もしかしてそこで夜景が撮影できるかも?とにらんでいた。

そうだあそこに行こう、なんといっても近いしね!決行の当日、午後6時前にポイント到着。日の入りは午後6時半だとあらかじめ調べてある。駐車場には数台の車しかいない。誰にも邪魔にならない場所を確保し、さっそく三脚を立ててみる、いい感じ~。「どこで撮るの?ここでしょ!」(笑)

午後6時半
クリックで拡大
7時頃
クリックで拡大
8時頃
クリックで拡大
電車の光跡のカットはライブコンポジットでの撮影(E-M1やE-M10で可能)です。

ここは室内なので窓越しにカメラを向けることになり、その際室内の光が窓ガラスに全てうつりこんでしまう。対策にはいろいろとあるようだ。布と吸盤を百均で揃えて自作したり、コートや大きめの布でレンズを覆ったりと、同じ悩みを抱えたカメラ趣味の人は多そう。自分もこんなところにコストはかけたくなかったが、ツールを自作する自信もなかったので、昨年秋にそれ用の商品を購入した。値段はちょっと張るけどお手軽で、今後使用する機会が多くなとる思いエイヤ~と。これを使って(厳密にはこれと似たような奴)昨年横浜で撮影した夜景です。


ランキングに参加しています。ポチッと!