友人と鎌倉に行った。鎌倉由比ヶ浜に住む別の友人とおち合い「メシでも」となったのだ。年に数回このメンバーで鎌倉に集まっており、いつもは海沿いの「最強デニーズ」で落ち合う。今回は、なぜかその前に「鎌倉の大仏様」を見ることに。
クリックで拡大
実はこの友人は昔からのサーフィン仲間。(今はやっていない)湘南や千葉や伊豆には幾度となく行ったけれど、「そういえばいつも海しか見ていなかったよな」ともったいなく思う。そんなわけで今までは観光名所や絶景ポイントをほとんどスルーしていたが、今回は写真趣味も重なって「せっかく鎌倉に行くなら大仏をバシバシ撮影したいぜ!」とカメラマン魂?もふつふつと。

時折小雨が混じるあいにくの曇り空、週末にもかかわらず「大仏殿高徳院」は思ったより空いていた。期せずして境内ではまだ開花中の桜を楽しめた。
クリックで拡大
クリックで拡大
初めて近くで見る大仏さまは同じ表情でじっと下界を見つめている。う~む、想像以上にでかいぞ!
クリックで拡大
皆一様にカメラを構えている。外国からの観光客も多く、大仏さまも「古都鎌倉もグローバルになったものだ」とびっくりしているかもしれない。
クリックで拡大
クリックで拡大
その後由比ヶ浜にある最近オープンしたというカフェのテラスで一杯。席のすぐ横を江ノ電が走るすごくいいところだった。
クリックで拡大
クリックで拡大
およそ2年前から写真を趣味にして実感するのが、これまでなかった「目」が新たに備わったように思えること。今まで見逃していた風景や観光地、興味がなかった星や植物などにも目を向けるようになったのがいい感じ。
 

ランキングに参加しています。ポチッと!