なんということでしょう 写真は楽し

ソニーα7R II、ニコンD750、オリンパスOM-Dで撮影した写真中心のブログです。

なんということでしょう 写真は楽し イメージ画像
namiheiと申します。

ソニーα7R II、ニコンD750で撮影した写真中心のブログです。色々なジャンルにトライしたいと思っていますが、はてさてどうなりますやら。

since January 12, 2015

更新情報

ひさびさに道玄坂をぶらぶらと。渋谷の街はどんよりとした雲に覆われすっきりしない空模様。1979年の「109」オープン後、すっかり若者の街として定着した渋谷。しかしそれ以前、109はおろかパルコや公園通りも存在しなかった頃の「渋谷メインストリート」は道玄坂だったし、
『渋谷道玄坂』の画像

星景写真について、ネットであれこれ調べていたところ「夜の高地での撮影は外気温とレンズの気温差でレンズが結露し、曇ってしまうことが多い」ということがわかった。えらいこっちゃ!特に撮影中に数時間もカメラをほったらかしにするタイムラプス撮影などで、「撮った写真
『星景写真撮影への道 - グッズ篇(レンズヒーター)』の画像

アートフィルターといえばオリンパス。PENからOM-Dまでの全機種に搭載されており、たくさんの種類が用意されている。なかでも自分のお気に入りは。。ジオラマ本物の電車が模型になったかのような不思議な写真に。ラフモノクローム何も考えずにシャッターを押しても「意味あり
『アートフィルターの巻』の画像

先週撮った「鎌倉の大仏様」の写真を見ているうちに、以前「お地蔵様」を撮ったことを思い出した。 これはカメラにハマり始めた頃に家の近所で撮った一枚。初めて買った一眼カメラ(E-PL3)、キットレンズ以外に初めて買ったレンズ(LUMIX G 20/F1.7)で狙ったもの。2013年6
『お地蔵様』の画像

友人と鎌倉に行った。鎌倉由比ヶ浜に住む別の友人とおち合い「メシでも」となったのだ。年に数回このメンバーで鎌倉に集まっており、いつもは海沿いの「最強デニーズ」で落ち合う。今回は、なぜかその前に「鎌倉の大仏様」を見ることに。実はこの友人は昔からのサーフィン仲
『鎌倉の大仏さま』の画像

普段あまり出番がないこともあり、マクロレンズを実際には使いこなせてはいない。特に接写の場合はピント合わせが難しく合焦後にちょっと動いただけでピントが外れてしまう。また、等倍付近での撮影では被写界深度がメチャメチャ浅くなることを痛感する。 このレンズ(M.ZUI
『マクロレンズって。。』の画像

小中学校の同級生と花見を兼ねてプチ同窓会。昨日はソメイヨシノの「散りはじめ時期」だったけど、川岸には桜がまだまだ残っており、屋形船に乗って美しい夜桜を楽しんだ。集合は東京タワーを望む浜松町。ここにある船宿から屋形船に乗り、海路東京スカイツリー方面へ。船内
『夜桜 de 屋形船』の画像

自宅近くに、さほど大きくない総合病院がある。ここも地元ではよく知られた桜の名所。春の日差しに映える満開の桜が眩しい。20年前に長期入院を経験したことがある。当時の今頃見た満開の桜は忘れられない。その「生命力」が自分の体に染み入って来たのを覚えている。よく病
『病院の桜』の画像

桜三昧の月曜日。桜を求め朝から晩までシャッターをばしゃばしゃと。やっぱり一年に一度の桜は被写体としても魅力的ですね。午前中、家のそばの公園へ。ここは花見の名所。しかし夜になればすっかり宴会場状態で足の踏み場もなくなる。さすがに午前中は人もまばらでマッタリ
『さ~く~ら~』の画像

東京湾アクアラインを利用して房総半島へ渡る。このルートは、神奈川県川崎と千葉県木更津の間を海底トンネルで結び、神奈川県からは東京都心を通らずダイレクトに千葉県に行くことができる。川崎からあっという間に木更津へ。その海底トンネル「アクアライン」の途中、サー
『海ほたると桜』の画像

突然ですがカメラの「階調」、どんな設定にしていますか? E-M1、E-M10は、オート、ノーマル、ハイキー、ローキー、と設定できるけど、これまでノーマルのままであまりいじったことがなく、明るく or 暗くしたい時には露出補正で対応していた。今回初めてこの「階調」をロー
『春うらら - 東高根森林公園の巻(2)』の画像

日曜日はひさしぶりに太陽が顔を出し、日差しがぽかぽかと心地良かった。「そうだ、東高根森林公園へ行こう!」自宅から車で15分程の距離にあるそこは神奈川県が管理する広大な公園。その名の通り森林から成り、植物公園で見かけるような色とりどりの花畑はない。それでも、
『春うらら - 東高根森林公園の巻(1)』の画像

タイムラプス動画に関する書籍を購入。YouTubeで公開されている星景動画を見るとため息がでる。 こんなのが自分でつくれたら嬉しいだろうなー星空1枚でも満足に撮ったことがないのに動画とは大胆(笑) でも目標は高いほうがいいのだ。自分もいつかは! 自分のマンションベ
『星景写真への道(タイムラプス動画篇)』の画像

星空の撮影はマニュアルモードでおこなう必要があり、露出に関して「絞り」、「シャッタースピード」、「ISO値」を撮影者自らが決めなくてはならない。 普段は主にAモード(絞り優先モード)を使うので、F値以外はカメラ任せ。せいぜい露出補正や、シャッタースピードをコン
『星景写真撮影への道(テクニック篇)』の画像

今月末には各地で桜が満開だ。カメラを趣味とする人にとって定番の被写体では?ほとんどのカメラ雑誌も今月号で桜の撮影に関する特集記事を組んでいた。自分も桜を撮りにいくつかのスポットに行こうかと思案中。近所を散歩していたら、あちこちで満開の梅に出会う。至近距離
『梅or桜? ウグイスorメジロ?』の画像

今年の後半には条件のいい高地に出かけ満天の星空を撮りたいと願っている。 現在そのためにあれこれ試行錯誤しているが、来るべきその日に備え、条件が悪くとも練習を重ねたい。  練習の条件としては、 雲の少ない夜。できれば満月時を避けたい空気が澄んでおり見通しが
『星景写真への道(疾風怒濤篇)』の画像


ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。

↑このページのトップヘ